concept

自然素材

「本物の自然素材・厳選した素材でつくる健康住宅」が、イムラの住まいづくりの原点です。
新建材や既製品の組み合わせでつくる住宅では得られない、「空気の気持ちよさ」「素足で歩く気持ちよさ」や、木や珪藻土や紙の「表情」、時を経るごとに深まる「味わい」「経年美」。
スペックだけで測れない五感で感じられる良さが、自然素材でつくる家にはあるのです。

“住宅産業は地場産業である。”

住まいは地元の木材や素材を使い、気候風土や風習に合わせて地元の職人がつくることが一番だと考えております。
私たちが特に“吉野杉”にこだわるのは、単に良材を使うと言うことだけではありません。
地元で育った木を使うことにより、地元の山や環境を守りたいという思いがあるからです。
また、本物の木を使った家づくりを行うためには熟知した大工や職人が必要です。
私たちは、伝統技術を持った職人を育成し、長く受け継がれてきた匠の技を生かした本物の手づくり住宅を一棟一棟丹念に仕上げてまいります。

吉野杉

イムラでは構造材や内装材に吉野杉を使っています。
特に床材は普段から触れるもの。美しい淡紅色で清涼感のある吉野杉の床を贅沢な6寸巾(19mm)で提供できるのがイムラの強みです。素足で感じる足触りの良さや、年月を経て、アメ色に色艶が変化していく味わいは最高品質の吉野杉ならではです。

吉野杉

珪藻土

イムラでは、内壁の仕上げ材に珪藻土を使用します。
珪藻土は海や湖の中のプランクトン死骸が永年にわたって堆積して化石化したものが原料です。調湿機能に優れており、結露の軽減や有害物質の吸着機能があります。手触りの良さ、上質な素材感も特徴です。

珪藻土

漆喰

漆喰は石灰に麻の繊維を練り合わせてつくられます。
防水性や調湿機能に優れているため、古くから土蔵や家屋の土でつくられた壁の上塗り材として用いられてきました。イムラではこの漆喰を内壁材として使用します。

漆喰

未晒し密ロウワックス

内装の塗装仕上げには、自然の循環を生かしたシンプルなワックス“未晒し密ロウワックス”を使用しています。 未晒し密ロウワックスの原料は、国産密ロウ(無漂白)と、純正一番搾りエゴマ油だけで出来ているため、肌に付いても安心・安全な素材です。 また、生産過程も焼却後も環境に優しい自然素材です。吉野杉のフローリング床の呼吸を妨げず、防水・防汚効果に優れており、自然なツヤが出ることが特徴です。
シックハウスにお悩みの方や、アトピーの方にも安心してお使いいただける、完全自然素材のワックスです。

*密ロウとは、ミツバチが体内から分泌したロウでミツバチの巣に使われています。ハチミツを採った後のムダ巣を集めて、搾取しています。

柿渋