concept

匠の技(大工)

リフォームは新築と異なり、建物の状態を適切に判断し、建物に応じた臨機応変な対応ができる熟練の技術が必要です。イムラのリフォームは卓越した匠の技を集結し、住まいを再生します。
ここでは家づくりにおいて代表的な職種である大工、左官、建具職人を紹介し、それぞれの技の秘密の一端をお見せいたします。

大工の仕事

大工の仕事

木造軸組工法において、部材の選定から加工、組み立てまで全てが大工の仕事となります。

“適切な材を適切に加工し、適切な部分に使用する。”
一見簡単に聞こえますが、腕の良い大工にしか出来ない匠の技なのです。

イムラの大工

イムラ専属大工はほとんどが墨付け、手刻み、木組みなどの匠の技を身につけています。 一般的に無垢材は反りや曲がりが起こります。そういった木のクセを見極めて材料を使うことが出来るのは、木と向き合い続けた大工だけです。

特に古民家のリフォームでは “既存の材のクセを見極め、新しい材を如何に組み合わせていくか”が構造面や仕上がり面において重要です。

イムラ本社のある奈良は、古の都から連綿と続く「大和建て」と言われる邸宅の伝統工法も多く残り、 何代にも渡って匠の技を受け継ぐ大工職人が珍しくない土地柄です。

用語解説

※画像をクリックすると拡大します。

墨付け
墨付け・・・
墨付けとは墨つぼや墨さし、差し金などを使い、木材に手刻みの目安をつけることを言います。墨付けは主に棟梁が行い、この墨付けの際に木材のクセを見極め、使い方を決めます。
手刻み
手刻み・・・
手刻みとはノミやカンナなどで木を削り、木と木の接合部である仕口などを作ることを言います。現在はプレカットが主流になっていますが、手刻みでしかできない複雑な加工も多くあり、大工の腕の見せ所です。
木組み
木組み・・・
木組みとはその名の通り木と木を組み合わせることを言います。昔の建物は複雑な木組みの技術だけで建っていました。現在では複雑な木組みは少なくなりましたが、接合部分は木組みで行われており、それを金物で補強して家を建てています。
大和建て・・・
大和建てとは奈良県に伝わる入母屋・出桁つきの邸宅のことを言います。伝統工法なので代々受け継いできた技術と熟練の技が必要な工法です。

大工の加工場:高田クラフト

大工の加工場:高田クラフト

もともと材木商として創業した株式会社イムラは、奈良県大和高田市に以前製材所として使用していた800坪の広大な敷地に、大工のための大きな加工場を持っています。
この加工場ではイムラの専属大工たちが、墨付けや手刻みなどを行い、日々腕を競い合っています。

また、若い大工たちにとっては熟練の棟梁たちに囲まれて仕事をすることで、匠の技を体得する場ともなっています。 この加工場では、匠の技をすぐ近くでご見学いただけます。